読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

チャレンジ女子大生のブログ

女子大生がやりたいこと何でもチャレンジするブログです

〖真面目に考察〗のどちんこは必要か否か【1日チャレンジ】

1日チャレンジ 考察シリーズ

こんにちは、ココさんです。

 

 

動画を作りたいといって早数日。私の日常生活なんてつまらないから動画にする意味ないな( ・ω・)と思ってしまったもんだから「動画作りたい人」から「動画作れない人」に変わり果ててしまいました。

 

f:id:nata-de:20170310044446p:plain

 

 

それでもネタはないかないかとネットサーフィンしていたところ、「のどちんこは必要ない」という記事を見つけました。

 

 

のどちんこ…確かに私は何のためにのどちんこを使っているのだろう。勉強した記憶を思い出してみる…誤飲防止とか…しか思い浮かばない…低脳女子大生。

 

 

 

よし!のどちんこの必要性を考えよう!

ここから真面目に考察していきます。暇な人は一緒に読んでみてください。

 

 

 

 

のどちんことは

 

まず、のどちんこの正式名称は口蓋垂と言います。


f:id:nata-de:20170310012038j:image

 

口蓋(硬口蓋+軟口蓋)があります。軟口蓋の真ん中に円錐状に垂れ下がっているものが口蓋垂(のどちんこ)です。

 

 

飲酒や疲労は、軟口蓋や舌根とともに口蓋垂が腫れてしまいます。腫れてしまうと気道を塞いでしまい、いびきの原因となります。そのため、口蓋垂が大きい人はいびきをかきやすいと言われるそうです。

 

 

 

のどちんこの役割

 

医療法人社団の安原歯科医院はこう言っています。

口蓋垂は、食べものや飲みものを飲みこむ際にそれらが鼻腔へ入るのを防ぐ働きをしています。つまり、鼻からの空気の通り道と、口からの食物の通り道を分けるためにあるのです。

 

 

リクルートがプロデュースをしているR25というサイトでは、大阪大学大学院歯学研究科の古郷幹彦教授(読めない)がこう言っています。

口内の息を吐くスイッチの役目をしています。鼻から息を出すルートを開閉させ、ラッパや笛を吹くときに鼻から息が抜けないようにしたり、鼻から息が抜けないようパ行やカ行などの発音を助けたりするんですよ。また、食事の際に鼻への逆流を防ぐ役割もしているんですよ。

 

 

ふむふむ。つまりはこう。

①食事の際に飲食物が鼻へ入らないようにしている

②口内の息を吐くスイッチの役目をしている

③鼻から息が抜けないようにしている

 

 

 

のどちんこのデメリット

 

リクルートがプロデュースをしているR25というサイトでは、大阪大学大学院歯学研究科の古郷幹彦教授(やっぱり読めない)がこう言っています。

いびきをかく原因のひとつですし、のどちんこが気道を塞ぐと睡眠時無呼吸症候群になる恐れがあります。そのため、あまりに大きいと手術で小さく切除するケースもあるんです。のどちんこは、個人差が生じるもの。

 

 

重複しますが、Wikipediaにはこう書いてあります。(分かりやすく書き直しました)

飲酒や疲労は、軟口蓋や舌根とともに口蓋垂が腫れてしまう。腫れてしまうと気道を塞いでしまい、いびきの原因となる。そのため、口蓋垂が大きい人はいびきをかきやすいと言われる。

 

 

ふむ。デメリットはただ一つですね。

いびきの原因となる!

 

 

 

のどちんこは必要か

 

私の考えですと、のどちんこは必要ない気がします。

 

 

のどちんこがないことで問題はあまりない気もします。パ行やカ行の発音に支障がでるようなことも書いてありましたが、実際ない人でも普通に話せるようですし。あの松任谷由実さんものどちんこがないらしいです。大丈夫、歌も歌えるということですね。

 

 

ただ、滑舌の悪さの原因に、「1音1音に息を吐く」ことが出来ていないというものがあります。のどちんこは息を吐くスイッチの役目をしていると書いてあったので、滑舌が悪くなる可能性も考えられなくない。(でも、のどちんこにさほど頼らずに息を吐いているなら息の吐き方は切除したとしても記憶に残るはず。)

 

 

若干無駄話になるのかもしれませんが、私たちが発している「ん」は大体のどちんこで発音しているらしい。「かんたん」とかだと、1回目と2回目で「ん」の発音の仕方が違うらしく、私たちも無意識に発音の仕方を使い分けているだとか。わかんないけど。外国人の発する「pen」と日本人が発する「ペン」は「ん」の発音の仕方が違っていて、この場合の日本人が発する「ん」のどちんこでの発音らしい。のどちんこがなくなったら「ん」の発音が少し外国人に近づくのかもしれない…!

 

 

結局、のどちんこは病気だとかも発症するリスクがある部位なんですよね。かと言ってなくなっても声が出なくなる訳もなく、いびきは解消するしいいことだらけな気がしてきました。

 

 

 

結論

 

のどちんこの必要性はない、と私は考えます。

 

 

 

 

さてさて、考察も終わったことだし一杯飲んじゃいますか。
f:id:nata-de:20170310074827j:image

 

 

 

ゴクッ…ゴクッ…

f:id:nata-de:20170310075304g:plain

 

 

 

 

のどが焼けるぜ!(5%)

 ※お酒は20歳になってからだぞ

 

 

 

クリックしてもらうとブログ更新の励みになります(੭ ᐕ)੭

にほんブログ村 大学生日記ブログへ
にほんブログ村


人気ブログランキングへ